読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蟹者

@kanimono

【読書メモ】未来の働き方なのかも知れないけどディストピアっぽくてもやもや・・・『データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則』

人工知能 脳と身体 労働と組織

こんばんは。今更ながら読みました。

どんな本?

人間、組織、それから社会について、観測的事実に基づいたモデル化ができたよ、という事例を紹介する本です*1

論よりデータ

法則を得る、もしくは実証するための、データを効率的・網羅的に定量化できるツールとして、ウエアラブルデバイス、赤外線ビーコン等を使っていて、そういったデータに基づいた理論を講じているのが、本書の特徴であり、特筆されるべき価値です。

おもしろかったので、ネタバレにならない程度にざっくりと、かつわかりやすく3つだけ本から引用した法則を紹介します。

法則1:幸福な人間ほど、身体的活発度が高く、業務成績もいい

法則2:組織のフットワークは定量化でき、軽い組織ほど利益率も上がる

法則3:ビッグデータ時代の仮説発見と検証は、人工知能にやらせたほうが遥かに効率的

もやっとポイント

1 人間行動の法則が、<今・ここ・私>にすべからく当てはまるわけじゃないだろう

2 みんなでよく動いて幸せになろうよ、ってなんかキモくない?

*1:いや、タイトルそのまんまやないか!

続きを読む

「概念を可視化する」にワクワクする

量子力学 雑記 自然言語処理

昨日、量子力学の概念を使った遊びについて書きました。
russeng.hatenablog.jp

続きを読む

「量子三目並べ」って言う、めちゃめちゃつまんなそうな遊びを見つけた。

雑記 量子力学

最近、私の中で量子力学のことをネットで調べてわくわくするブームが来ていて、仕事中も隣のデスクの人の目を盗んでは、業務に関係ないページを閲覧したりしています。

発端はこれ。

wired.jp

続きを読む

WEB技術の勉強をして得られそうなものなど

WEBを勉強して、プログラミングをとりあえず今よりもう少し(そしてマジメに)やってみようと思っています。

仮想環境や、UNIXコマンドや、gitを利用したVCS関連や、データべースなりといったことです。

特に、スクレイピングや言語処理辺りの技術は、使いこなすことができたら非エンジニアにとっても有益なんじゃないかと考えています。

例えば・・・

続きを読む

蟹リスト(2016年11月)

雑記

雑記の続きと、興味のあることのリスト(備忘用)です。

続きを読む

enginneringやめました。

雑記

ご無沙汰です。「山損」改め、「蟹」と名乗ることにしました。

自分語りですので、興味のある方のみの閲覧が推奨されます。

続きを読む

今さら新しみのないサポートベクターマシン(SVM)のサンプルコード(Python,Scikit-learn)

統計・機械学習

・2年くらい前は、ネット上にあんまり日本語ドキュメントがなかったですが、今はたくさんあるサポートベクターマシン(Support Vector Machine,SVM)の回帰分析ver(SVR)をパッケージから呼び出すコードと実行結果を載せます。

f:id:russENG:20160320090508p:plain

1.SVMとは?
2.例題
3.いかに正しい予測器を選べば良いか
4.コードと結果

続きを読む